Consulting&Service 企業資本政策

近年の企業の資本政策は、株式公開、M&A、グループ企業間の合併・会社分割を利用したリストラクチュアリングなど複雑多岐にわたっております。こうした資本政策に係わる法務、会計、税務の全ての分野で、総合的な提案とコンサルティングを提供しています。なお、企業資本政策のコンサルティングにおいて特筆すべき業務としては、次のようなものがあります。 1合併・企業買収・企業提携 
資本参加、M&A(企業の買収、合併)、合弁事業、営業譲渡等のいわゆる企業買収・企業提携案件について、会計上、税務上及び戦略的観点から、買収価額の算定、プランニングの立案、検討・分析、対抗策の案出に始まり、買収監査、公開買付、第三者割当等その具体的な実行方法や会計・税務手続の遂行に至るまでの総合的な会計・税務業務を行っています。 2株式公開 
証券取引所への上場、店頭登録、またベンチャー市場への上場など、株式公開の市場は急速に拡大しております。公開を志向する企業に対し、公開のための資本政策、内部管理体制の整備、ベンチャーキャピタル・幹事証券・監査法人の選定等、公開に至るまでの総合的なコンサルティング業務を行っています。 3ゴーイング・プライベート(会社の非公開化) 
株式公開のニーズが高まると同時に、一方では公開企業の非公開化、私企業化のニーズも増大しております。MBO、公開買付等を利用した上場廃止スキームや、有価証券報告書の継続提出義務の中断スキームを利用して、公開企業では実現できない柔軟な企業経営、株主総会運営が可能になります。 4リオーガニゼーション・リストラクチュアリング 
株式交換制度、会社分割制度といった会社法の拡充の結果として、会社組織やグループ組織のリオーガニゼーションやリストラクチュアリングに関する事案が増えています。また、環境が大きく変化することによって企業の再生支援が必要となる事案も増加しています。これらについても、企業買収等の場合と同様、会計上、税務上及び戦略的観点からアドバイスを行っています。 5企業管理・企業防衛 
最近注目を集めているコーポレート・ガバナンスに関連して、取締役会を中心とする会社内部の統制に関するアドバイスを行っています。また、公開会社の株式の買い占めに対抗して企業を防衛するための会計・税務戦略や重大な問題の発生した企業のリスクマネージメント(株主総会対策を含む)についても、会計・税務及び戦略的見地からのアドバイスを行っています。